HOME>コンテンツ>医療事務のパートが人気のワケ【プライベートも充実!】

医療事務のパートが人気のワケ【プライベートも充実!】

事務員

実は医療事務は選べる勤務形態の幅が広い

医療事務はパートで人気の仕事でもあります。特に勤務形態の幅が広いので、家族の生活を守りながら働く主婦層から特に人気が高い職業です。例えば個人のクリニックは、基本的に休診日が日・祝日で、平日に半日休みが入る場合が多いです。総合病院になるとシフト制勤務の所が多くなり、日・祝日も交代で出勤する形になります。同じ医療事務でも働く場所で勤務形態が変わりますので、自分に都合の良いところを探すことができるのは魅力でしょう。正職員だとどうしてもフルタイムになりますが、パートであれば午前中のみ働くこともできるので、朝から昼12時までという人も多いです。午後診の場合は終わりが夜7時頃になるのが一般的ですが、それだけ時給は高くなるので条件は良いでしょう。

事務員

パートで医療事務をする場合に気をつけること

医療事務に携わるなら、パートであっても間違いは許されないことが多いので、そこはしっかり気をつける必要があります。正確に迅速に事務処理を行う能力が求められますし、患者さんと直接会話をする窓口になるので、コミュニケーション能力や接客力が求められる職業でもあります。また、大きな病院なら事務担当が役割分担されますが、個人のクリニックなど小規模な職場では受付や事務処理や会計をすべて1人でこなす場合がほとんどです。レセプト計算の専門知識も必要ですし、なかなかやりがいのある仕事ですから、パートと言えども時間以外は正職員と同じクオリティの仕事をこなせるよう頑張りましょう。未経験でも就職することは可能ですので、レセプト作成などに関しては自分で勉強しておくのがおすすめです。スキルありなら採用の幅も広がりますし、何より自信になるでしょう。

広告募集中